婚活後、初めてのデートは長い戦いの幕開け

ネット婚活であれ、パーティーであれ、合コンであれいずれは気になった女性と2人きりでデートをするときがやってきます。しかし、2人きりでデートだからといって女性が自分を好きな理由にはなりません。初回デートというのは結婚を前提とした付き合いを始めるための長い戦いの幕開けでしかありません。

初めてのデートでまず念頭におきたいのが自分のことを良く知ってもらうことです。いわば長い自己紹介と捉えて良いでしょう。婚活での情報や会話だけでは自分の数十パーセントも相手は自分のことをわかっていないと思います。初回デートではまず自分を知ってもらうことを目標に頑張るのです。

二人きりで会う=ラブラブになれると決して思わないようにしましょう。

そして好印象を残すには初回デートはできるだけお茶だけにする方が好ましいです。婚活の場とは違いある程度、フランクな会話も2人きりなできるはずです。カフェでも予約して2人で色々な質問をしてお互いをよくしる時間を最初のデートにすると良いです。

初回デートは時間制限ありにする

初めてのデートはできるだけ時間制限をかけた方が良いです。適切な時間制限としては1時間以上、2時間以内がおすすめです。短いと思われるかもしれませんが、少し食い足りないくらいの方が次のデートの約束も取り付けやすくなります。

話しが盛り上がってしまうと2軒目に行きたくなる気持ちが出てくると思いますがあまり推奨はしません。ノリで2軒目にいくよりは一度持ち帰り、戦略や作戦を練って2回目のデートに誘った方がより良い関係を築きやすいからです。

ただし、2軒目に行く理由として良いのは女性の方から誘いがあった場合です。女性から誘われて断ると感じが悪い。女性は私のことが駄目かなぁといった気持ちにさせてしまいます。もし女性から誘いがあり時間の余裕があれば一緒に2軒目に行きましょう。

ここでは1軒目で初回デートが終わったとしましょう。お茶で得た情報をもとに2回目のデートプランを考えていきます。女性が好きな料理、場所などを把握して次のデートに望めば女性はあの時、しっかりと私の話しを聞いてくれた!と思い、よりあなたに良い印象を持ちます。

初回デートはあくまで婚活の続きである自己紹介の延長。そして2回目のデートが本番と考えて行動すると良い結果がついてきやすいですよ!

MENU

Copyright (C) 横浜でハイスペック男の婚活サイト攻略ブログ All Rights Reserved.